上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
070405_1302~0001.jpg



増やしちゃった・・







えぇ。 まぁ 玩具用のものですけどね・・・・(´艸`)





仕事で、お年寄りと行う 「魚釣りゲーム」 用の

魚を作り直そうって話になって。




まぁ、魚も作り直したんですけど。




魚だけでは物足りず・・




題して・・・







おかね釣りゲーム ~ 大富豪は誰だ!(´・∀・` )ゝ”




でも、まぁ、玩具とはいえ、コピーでしょ・・・



最初は、躊躇して 恐る恐る 上司達に



「これやって、警察来たらどーしよう・・・('A`) 



なんて話していて。




コピー機が置いてある 事務室 へ行き



さらに、恐る恐る 事務室のスタッフへ話すと・・・








意外と乗り気! (´∀`人)♪






早速増やしてもらいました!




合計 35万2千円 也




侮ることなかれ・・




このゲーム



魚釣りゲームの要素である 



「目と手の協調性」

「集中力」

「座位での体重移動 バランス」

「視空間認知」「関節」「筋力」



 の機能向上の他


「計算力」「社会性」なんてものも見込めます。



 ・・・結局は、これも1種のリハビリテーションです・・

    遊びリテーション なんて言葉もある位ですから。





でもね、玩具だとわかっていても、相当、緊張しました。



きちんと調べた所、こういう目的でしようする場合は、



・厚紙でコピーする
・明らかなサイズ違いでコピーする
・色を変える(白黒など)
・明らかに本物では無いとわかるようにする



なんて事をすればいいそうです。


トラブルにならないように、



サイズ違いでコピーし、

出来たものは1枚1枚厚紙に貼り、

種類ごとにマジックで色づけ 枠組みし

明らかに偽者であるように最新の注意を払いました。





ちょっと、危険を冒したお仕事でした。  ヽ(´∞`)ノ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。