上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国際薬膳師の妹が作る料理はいつも美味しい!ヽ(´▽`)/


その理由の一つが今日分かりました。


「素材」です。


それは、素材の選び方も含まれるでしょうけど、

買ってきた素材を生かす料理なのです。




ちなみに、今日作ってくれたのは、

「菜の花とキノコの野菜炒め」

菜の花と、アスパラ と エリンギの野菜炒めです
味付けに、ニンニク片と、塩コショウ、
さらに、「しいたけ茶」の粉 w ( ゜0゜)w


でも、美味しさの秘密はもっと違う所にあったのでした






それは、料理に使う野菜を生かす事




今日教えてもらった事をアップ






<<アスパラ編>>

アスパラって実は、すごい生命力で、
植えて、ほおっておくと数ヶ月で大きな木に
なるそうですよ。! w ( ゜0゜)w


そして○センチ以上になると
商品にならない為、アスパラ農家は
1日に3回も収穫に行くそうです。



そんなアスパラの取り扱いは・・・


  冷蔵庫に横にして置くとアスパラが
  
  「むむっつヽ(`д´;)/ なんだかオカシイぞ!」
  
  っと慌てて、成長しようとして糖分を使うので
  旨みを逃がしてしまうそうです。

  つまり・・・

  買って来たアスパラは、
  水を入れたコップ等に立てて入れて保存する。


  
さらに、


茹でる時も、最初のうちは「立てた状態で茹でる」


そうで、お国によってはアスパラ用の縦長な鍋が
あるそうです。家庭では難しいので、底が平らな
「味噌こし」なんかに入れると良いですね




<< 葉野菜 編 >>


ほうれん草等の葉野菜も同様に調理の数時間前から
水を入れたボールなどに浸けておく


たっぷりのお湯でさっと茹でるが、その際に

鍋に大さじ1杯分の油を入れ、さらに茹でた後に
しっかり水気を切っておくと
炒めた時にクニャっとならずにイキイキとしている







<<レタス 編>>

レタスは暖かい時期にできる野菜。

水に浸すより、40度程度のぬるま湯に少し浸けると
シャキッとする






早速明日から、相方へ 実験 作ってあげようと思います。
(  ̄ー ̄)ノ




         国際薬膳師のブログこちら 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。