上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成28年4月14日

あの日 大きな地震があった。

記憶なんて、ほんと曖昧になるので、ここでしっかり残したいと思う。
前日の13日、連休をもらっていた私は、日帰りで奈良に遊びに行った。
朝4時に家を出て夜7時位には帰宅した。子供の事も心配で、すんごい
スケジュールだったけど、久々に一人旅で、ずっと会いたかった奈良の
お友達とも会えて大満足した。
京都と奈良の漬物とか沢山買ってきた。

翌日14日。連休で今日まで休みだった。旅行中朝から頑張ってくれた
旦那と、子供らにごちそうを作ろうと、スーパーに焼き肉用の肉と色々
購入した。冷蔵庫は焼き肉用のお肉、京都・奈良のお漬物で一杯だった。
午後、産後1か月検診を終えた友達が赤ちゃんを見せに来てくれた。
子供らを早めに保育園へ迎えに行き、総合体育館横の図書館に絵本を
沢山借りに行った。

その後は、いつものように 夕方遅くまで近所の子らと遊んだ。外で
メダカを飼ってるお家に行って、メダカの入れ物を揺らそうとする息子に
注意、「あんただって、お家でのんびりしてる時に大きなオバケが来て
家を揺らすと怖いでしょ!!」と注意!まさか、その3時間後にその
通りの事が起こるとは思いもしなかった。

7時ごろ夕食。旬であるアサリの味噌汁と、焼き肉。旦那も喜んでくれる
かな?8時半ごろ旦那帰宅。食器洗いが少し残っていて、「いいよ、
俺がやる」と言ってくれたので、後は任せて2階へ息子たちと上がる。
21時ごろ。

本当はもう寝せたかったが、ちょっとだけ子供部屋で遊ぶ。
おいしゃさんごっこ。部屋の端っこに三人で並んで座り、ままごと。

9時25分ごろ・・・そろそろ寝るよー片づけるよー!そう話した矢先。

グラ!!!

アッ!地震!いや、大丈夫うちにはMGEO
(ミサワホームの制振装置)がある! そう思ったのもつかの間、

結構揺れる。


んー、震度4かな、5あるかもしれない。昔体験した
震度4を思い出してそう思った。あぁ、ひょっとしたら南海トラフが
とうとう揺れたのかな。その余波が九州まで来たな!

ガタガタガタガタ・・・・・

大きな地震だったな。。と思った瞬間停電。。

あぁ、ブレーカー落ちたな。
子供を抱きしめながらちょっとのんびり考えていたら、
入浴中の旦那がタオルで体を隠しながら下から上がってきた。

「大丈夫か?!!(゚Д゚ノ)ノ」 

・・・いや、お前が大丈夫か?

ヾ(´▽`*;)ゝ"

なんて笑いながら言おうと思った矢先

「外に出るぞ!(゚Д゚)ノ 」

え?あっそうか、結構揺れたからね。外が安全なのかな。

呑気だな、私_| ̄|○ ・・・

↑お前が大丈夫か・・?

旦那居なかったら、そのまま寝たかもしれない。。そんな自分に
反省しながらスマホのライトを頼りに子供を抱きながら下に降りる。

部屋が暗くてよく見えなかったが、棚に置いていた本が
床に散らかっているのだけはわかった。あぁ、結構揺れたもんね。

外に出たら近所の人も外に出ていた。我が家には、道路に面して
皆で腰かけて座れる良いスペースがある。そこでお隣のご家族と
並んで座る。まだ夜は寒いので旦那が部屋から毛布等を持ってきて、
小さい子は抱っこする。下の子はそのまま寝てしまった。

旦那が言った「あ!二階の窓開いてる?」しまった!
昼間に開けたまんま。天井の天窓(電動)も開いてる!
旦那、余震の危険性もある中、窓を閉めに行く。天窓は電動が使えない
ので、手動用の棒で閉めねばならないのに、その棒がすぐに
見つからず不自由したみたい。

お隣の人が

「ねぇ!ここが震源地だって!しかも震度7だって!」

なにーーー!びっくりした所で空にヘリコプターが沢山飛んでいる。
やばい!全国ニュースになってるな。みんな心配してるかも。

慌てて携帯を取りに行き、ラインやFBで安全に居る事を報告。
ラインがうまくあがらず、あちこちからメール。充電は80パーセント位
あったが、充電できないので、その旨を載せ、簡単に返信。
ほんとごめんね。実家の無事を知り安心。

ブレーカーも落としに。ガスは閉めていた。外のボンベはそのままで
いいのかな?色々不安になって、関西に住む消防士さんに電話。

震災直後に気を付ける事を短時間で教えてもらう。
ミサワさんから電話。家も家族も無事だと話す。

それからまた震度6程度が何回か起こる。玄関にある防災グッズを
取りに行く。手動で蓄電するラジオを起動。被害状況を確認。
ライオンが逃げたとかいう偽情報に惑わされる。

とにかくヘリコプターがうるさい。

近所の方は少し離れた所に出かけられた方もいらっしゃって、
道が壊れ車で帰れず車は置いて歩いて帰宅したりされた様。

すごい大地震だったよう。全国区にわが町が名前がこんな形で有名に
なる事に、先の見えぬ不安がよぎるけど、とりあえずどうする?が先。
こんな時にありがたいのが近所付き合い。

指定避難所は、近くの公民館と子供らの保育園。

ただ、どちらも古いので、果たしてどちらが安全か?
もし、安全だったとしても、うちよりも被害の大きかったご家庭に
避難してもらおうと、避難所に行くのを止めた。

ご近所 アチコチ と お話し「怖かったねー(。´Д⊂)うぅ・・・・・・」

そんな共感がホッとさせる。
長男も私によりかかりながら就寝。


旦那が自分の車を整理し、後部座席に子供用の布団を敷き、
二人を寝せる。私は、パジャマをスウェットに着替える為に自宅に入る。

入ろうとして、震度6の地震(深夜0時ごろ)。懐中電灯の中急いで着替え。
車内用のスマホ充電器を取り付けて充電。

エンジンはかけたままテレビでわが町が全国に放送されているのを知る。

近所は全く被害ない。どの家も新築で倒れる事は無さそう。

自宅駐車場で寝る事になった。

いわゆる車中泊の始まり。

近くにある電柱が気になる。これ倒れてきたら、私の真ん前。。。。

自宅に設置してあるMGEOが気になる。揺れないんだと思っていたのに。
まぁ、震度7とは思わなかったけど(震度5位かなと思ったし)。壊れて
るんじゃない?

後でわかったけど、制振装置は揺れるのは揺れるそうで、その揺れに
よる建具の負担を大幅に減らすらしい。だから、震度7~4位の地震を
30回?だったかな受けてもクロスにヒビが入らないらしい。

とりあえず、金曜も仕事は休みになった。

旦那 :「俺、まだ夕ご飯食べてない。お腹すいた・・・」
自宅に入りお菓子を持ってくる。
ペットボトルのお茶等を持ち込む。

眠るに眠れない。震源が浅く、揺れたが、人的被害は少なかったとの
見解。水が出ない。トイレは、とりあえず流さず、非常用の水を明日
朝から流す事に。

4月15日

4時位だろうか、少しウトウト。しかしチョコチョコ起きる。6時頃明るくなり、
近所の人と公民館へ。水と非常用のパンを子供に配ってくれるそうで、
パンをもらいに。

旦那は、カセットコンロで圧力鍋を使ってお米を焚く。

手が綺麗に洗えないので、ウェットティッシュで綺麗に拭き、
ラップを使っておにぎりを作る。沢山作って近所に配る。
ご近所からも色々と頂く。我が家のウッドデッキでみんなで朝ごはん。

旦那、こともあろうに

出社へぇ(;´д`)。。。

だが、営業先が遠い(被災してない)為、
色々な物資があったようで、水や保存食を沢山買ってくる。

昼間は家に入るのが怖かったので、主に外で子供達と遊ぶ。

昼ごはんは、総合体育館へお弁当をもらいに。思ってたより豪華な
お弁当をもらう。沢山の災害援助車がひしめく。
あぁ、大きな地震だったからな。。

昼間外で沢山遊んだのに、お風呂に入れない。

「震度7ではあったが、人的被害は少なく済んだ」

的なニュースが聞こえる。

夕方電気が復帰、水も出る。昨日洗い損ねた食器を洗う旦那。

冷蔵庫には、旦那にあげるはずだった焼き肉の肉と、
京都の漬物が・・_| ̄|○

停電で常温化した庫内で腐っていた。あぁ。。この後が大変だなぁ。

ちょこちょこ来る震度4位の余震。立っているといつも揺れてる
ように感じる。

震度1,2程度の地震速報は来ない。おそらく、それをいちいち
報告していたら、らちがあかない位来てるのだと思う。

家に入って軽く片付け。まだ大きな余震が来るかも?と言われたので、
落ちて困るものは上にはあげず。

もしかしたら、また外へ避難する事があるかもしれないので、
カバンにはスマホや充電コードなどを入れて
懐中電灯は枕元に。

万が一。。万が一・・その程度のものだった。

子供らは、一日外で遊んだので、布団に入るや否や爆睡。

私も同じく。。。。。

被害が軽く済んで良かった。。。。。そんな思いの中で就寝。



4月16日



ふと目が覚めた。


後でわかったがそれはたぶん突き上げられた第1波だった。

深夜0時半ごろかな。グラグラグラ昨日より明らかに強い。

そして、大きく横揺れ。まるで遊園地のバイキングに乗ってるような
横揺れ。

旦那が

 「何だ?!これーーー!!!(゚Д゚ノ)ノ」

日ごろ取り乱さない奴が取り乱している。

ゴゴゴゴゴゴゴ

ゴオゴゴゴゴオ

ゴゴゴゴゴゴゴーーーーーーーーー


すごい地鳴りと共に、さらに揺れる。揺れる。揺れる。地震警報がなった。

「地震です」「地震です」  今回の地震では、いつも地震が来た後に
警報が鳴る。警報の中、そして、長い揺れの中 こともあろうに寝てる
息子たちを起こして階段を下りる。

「子供たちが寝ててよかった」

旦那がそう話す。夕べ避難の用意しててよかった。
カバンの位置は把握していたので、暗がりの中カバンを取って車へ。

かなりの揺れだったので、確実に大きな被害が出てると思った。

今度こそ避難所に行かねばならないんじゃないかと。

わが屋から、近くの道に出た。路駐しても差しさわりない所があって、
そこに多くの人が来ていた。所が、近くの家屋が倒れて道をふさい
でいた。

震度6強・・えー?

あれで?('A`)?


絶対に14日のよりも大きかったはず。
 (後で分かったが、益城町の地震計が壊れてて計測出来て無かった)

消防団の人が道があちこち割れていると教えてくれた。
体育館まで行けるのか?近所の人とどうする?と相談。
慌てて、二つの実家に安否報告、そしてラインとFBも。
会社の人のラインのグループが出来た。そこで無事であると報告。

なんとか体育館まで行けると分かり、体育館まで行く事に。
大きな揺れが何回も来るが、車内に居れば安全。
子供らが、車内をうろうろする揺れと、地震の揺れが似てる感じ。

地震のメールも何回も来る。地震警報は相変わらず、
地震の後に来る。ヘリコプターがやたら多い。地鳴りなのか、
ヘリコプターなのか?

旦那の車はガソリンを満タンにしてある。。とは言え、
充電やテレビを見たりしていて減るのが早い気がして。

これは、長期的な

覚悟が要る


停電、断水。食事はどうなるんだろう。

とりあえず、避難所のトイレへ行く。仮設トイレが匂うけど、まぁ、大丈夫。

旦那が避難所に物資をもらいに行く。
飲み物、お菓子、歯ブラシ、ウェットティッシュ。
「いろいろあるから、欲しいもの言ってみて」と言われたらしい。

朝ごはんはカレー。ちょっと辛かったので子供たちには難しかった。

やがて朝が来る。旦那が徒歩で自宅に一時帰宅し、
いろいろと持ってくる

着替え、水、あれこれ。

いろいろな不安より目の前の非日常的な興奮の方が先走り、
車内の充電で不自由なはずのスマホで、心配してくれる友達や
フェイスブックに状況をアップしていた。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。