上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鬼門騒動の際の話。



その日は、私が 


「最初のプランは、鬼門にかかるからやっぱりヤダ!」



と言い、他のプランが無いか平日に一人で見に行った日だった。

夜中の授乳と間取りの勉強で、睡眠時間平均3~4時間で

ぼーっとした混乱した頭の私は、担当営業Mさんを困らせていた。



だいたい、0歳児 母乳育児で、夜間も4時間おきの授乳で、

自分も連続して3~4時間しか眠れない中、さらに家を建てる事になり、

色々調べたり、いざ寝れる時間でも寝つけなかったりして

殆ど寝てない時に、 鬼門について不安でしかたなくなり若干

(いや、もっと)混乱していた。


とにかく、鬼門が嫌だった。「玄関横のトイレは嫌だ」とかどーでも

よくなってきた。


そんな時に営業さんから言われた。


忘れて

頂きたくないのは、

家をたてる目的です。

ヒロさまの場合、ご両親の介護をなさりたい

というご希望があられました。

自分はそれがとても素晴らしいと思いました。

どうか、そこはお忘れになりませんように



それを聞いた瞬間は、そんなに響かなかったのだけれど、

自宅に帰ってから、ずっしり響いた。


そーいえば、障がい者用に、ドアを開き戸から引き戸に変更して

もらう話し合いの際、どうしても難しい箇所があって。

それなら仕方ないかな。。と簡単にあきらめてしまう私らに対し

担当さん、

とにかく熱心に

考えてくれた


その時には、「あぁ、プロだからいろんな知識がお有りだなぁ」位にしか

思わなかったんだけど。

この担当さん、私たちの想いを大事にしてくれてるんだなぁと。


あらためて、この担当さんを信じてミサワにして良かったと思った。


どのハウスメーカーにするか?というお悩みサイトを見た時に

「営業担当が良かった」という意見に対し

「営業担当が家を建てるんじゃないよ!工務店なんだよ」っていう返答

があって。

そーだよね。所詮、営業さんは他のスタッフさんとの繋ぎだよね。。。

と思ったけれど

今思えば、つなぎの仕事である営業さんを信じられないなら、

まず、家を任せられないと思った。



契約してしまえば、営業さんって少し 対応が変わるんじゃないかって

イメージがあったんだけれど、この人ってばホント、いつも丁寧で。

最初の姿勢と変わらないのが非常に素晴らしいと思う。




その後も、インテリア、外構、現場監督、資金計画等 様々な

専門スタッフと打ち合わせしていく事になるのだが、その人達に

直接言い難い 悩みは この担当Mさんに正直に打ち明け、

多分、どうにもならないかな・・と諦めている事も

すんなり改善していった。



担当がこの人で良かった。ひょっとしたら他の営業さんも

同じ位良いのかもしれないけれど、この人の人柄が良かった。



いやぁ、独身らしいけど、どこかいい人が居たら紹介したい位だ

  ↑ おばちゃんのいらん世話。




今回学んだこと

家を建てる目的を忘れちゃぁ だめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。