上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログ カテゴリーに 


 「たまには 為になる日記」(´・∀・` )ゝ"  


ってのを作りました。。






ある日 突然 



 「ねぇ、体柔らかい? 試しに 前屈してみてよ (´艸`)」 




って、事になると 思います。




えぇ! そんな事になると思います (゚Д゚)ノ ← 強気





そんな時の裏ワザを 教えます。。。

(実際に 柔らかくなった訳ではありません

     あくまでも、裏ワザです。。。。。。。)



注意!: 腰に疾患を持つ人は無理にしないで下さい。
     
      腰を痛める場合があります。
 





立位体前屈 


ってのは、 立った姿勢から、体を前に曲げ、手を床方向へ

伸ばし、どの位の柔軟性があるか?調べるものですね。

つま先まで届かない場合は マイナス○センチ となる訳です。




これには、足と腰(体幹)の柔軟性 が関わってくるのですが





 (゚Д゚)ノ 今、出来る人、ちょっとやってみてください。。 




まず、 普通に 姿勢を正して、 立位体前屈をやってみてください。


床に手届きますか? マイナスの人居ませんか?






 (´・∀・` )ゝ"さぁ、ここからが、本日のポイント!! 




一旦、体を戻します(立位になります)


それから、骨盤を後傾させて  立ちます。


この骨盤の後傾ってのが 分かりにくいと思うのですが・・・




では、骨盤の後傾 の説明です・・・




骨盤ってどこか分かりますよね?

立って、両手を腰に当てた時に触れる腰の骨ですよ。

蝶々のような形をしています。





では、胸を張って、お腹をひっこめて、お尻を後ろにやや突き出すようにして

立ってみてください。

081123_1132~0001

この時は、骨盤が前傾 しています。(分かります?)

普通に立った時よりも、

骨盤の一番高い部分(腰に手をあてた時触る所)が


前方向へ傾きますよね(分かります?)




その逆の動きが 骨盤の後傾 です。

081123_1129~0001

骨盤の一番高い部分(腰に手をあてた時に触る部分) が

後方へ傾きますよね?

少し猫背になって、 おへそは、やや斜め上を向いてるかも?

膝は少し曲がってるかと。。





はい! そこで ストップ!!! (゚Д゚)ノ 




その骨盤後傾の立位姿勢 から 

立位体前屈を やってみてください!!
 






あれ?





さっきより、前屈できてるでしょ?(´艸`)・・・ 






人間って不思議ですね。。。




以前 通っていた勉強会で 教えてもらいました。


081123_1734~0001
お試しくださーい♪ 
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。