上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
081102_1.jpg

 「やぁ! みんな 元気だった?」 


・・・・・今年も、彼らの出番です。

そう旦那との4年目の冬がそろそろやってきます。。






( 注: 写真中にある布団が 部分的に光っているのは その布団(ニット素材)の中の
 
ラメ素材が光っています。何かの現象ではありません。 あしからず テヘ )







さて、あの後 どうなったか?と言うと


「それぞれが、それぞれの掛け布団を 使って寝る」


っという 方法で なんとか解決しました。


旦那は、もともとあったダブルサイズの羽毛布団を 使い

私は 実家に居た時に使っていた シングルの羽毛布団を

使って寝ますので ベッドの上は、かなり モコモコ した状態です・・・ (゚Д゚)ノ 





我が家の四季ですが、


夏場は、それぞれが、タオルケットを はおって 寝ます。

旦那は、自分のタオルケットを 第二の枕にし、

私のタオルケットを奪って 寝たりしてます。



春と秋は、 ダブルサイズの薄めの掛け布団1枚を

2人で 使用して 寝ます。



そう・・・・・・・ 去年と同じ('A‘)  問題が出てきます。。







ただ、1年間を とおして 分かった事があります。


実は、夏場、


旦那が タオルケットを 持って行くんだと ばかり 思っていましたが、



どうやら、 私も、


自分から タオルケットを はいで いたようです。。ヾ(-‘ω´-o)ゝ。+゚



寒がりなのに、 上半身は 結構 体温が高い私。。





正直・・・




困ったなー (´皿`;) b




なんて思っていましたが、 ある事に気づきました。



我が家のベッドは、壁にくっついて 置いてまして。

嫁が、壁側に 寝る状態になっています。





旦那に広くベッドを使ってもらおうと 

一応、良き嫁を目指すヽ(‘д´;)/!! 私としては

壁側 の近くに自分の枕を置いて、 


自分のスペースよりも 旦那のスペースを  



 ( ゚д゚)b 広く 使わせて やってます  ←良き嫁 ?(´・∀・` )ゝ"



081102_2.jpg
布団無いと こんな感じ






ある日気づきました。


081102_3.jpg

お休み~




すると、旦那が 寝がえり


081102_4_20081103000154.jpg

ごろーん





その日は、色々と考え事をしていて、

なかなか寝付けなかった私


狭いスペースの中




左側は、壁

右側は 旦那


に 挟まれて  自分の寝返りも 出来ません ('A`) 



さらに・・・


081102_4_20081103000154.jpg
暑い・・・・・・・・('A`) 


(写真では分かりにくいですが、 布団の厚さで 

かなり 圧迫感が あります。。)





それでも、なんとか、睡眠に入った私でしたが、


暑かったようで



無意識に・・・・・・




081102_5.jpg


布団を はねのける (゚Д゚)ノ 





すると、旦那が 暑かったのか? 目を覚まし


081102_6.jpg
!!!( ゚д゚)、 もぅ! 風邪ひくよっ!  







っと 布団をかけてくれるそうです・・・・・・









がっ!(゚Д゚)ノ








081102_7.jpg



ヒロ:「暑いー!ヾ( ̄口 ̄) (無意識です)」



なんて言いながら


せっかく 旦那が 布団を かぶせてあげたのに


・・・・・ わたくし は、布団を はいで しまうそうです。 _| ̄|○












それだけでは ありません ・・・・・・・・・
















 ヒロ ( ナニ?布団 かけて くれてんだよっヽ(`д´;)/!!! )  注)旦那の解釈


っと言わんばかりに、 足で、布団を撥ね退けると同時に


旦那に 向かって






081102_7-2.jpg
 

ケリ が入るらしいです。 






えぇ・・・・・ 





良き嫁 (汗) を目指してますが、ナニか?(゚Д゚)ノ  ボソッ








結局







081102_7-3.jpg

ひんやーり・・・・・


朝から 寒い思いをする訳です








そこで


081102_9_20081104100521.jpg



ベッドを 壁から 20cm 程 離して みました。


ただ、 こうなると、 私も、ベッドから左側に落ちる可能性がありますので、

いつもより 自分の枕を ベッドの中心寄りに 置くことになります。


081102_8.jpg
おやすみ~





こんなんで、うまくいくかなー・・・・・





なんて 思っていたんですが




程良く 体温調整が出来る為か?



昨年の日記にも書いた通り、



二人の枕の位置が近いと、



布団から はみ出す事もなく


私が 圧迫感と 暑さで 布団を はがす訳でもなく



旦那が寝返りしても、


081102_10.jpg


なんとか、うまく 眠れてます (´∀`人)♪イエーイ 







081102_10-1.jpg
相変わらず バンザイしてますけど ヾ(-`ω´-o)ゝ。+゚テレッツ




寝る前に、布団の左端を 自分に巻き込んでおくのも 


有効だと気付きました。



081102_11.jpg
キラーン



今回、3年間に 渡って ダブルベッドで 二人で うまく寝るコツを


研究して まいりましたが、


その解決方法は




1 布団の温かさに 合わせ 個々人が パジャマを選択する
  
  (真冬でも、短パンTシャツで 寝てた旦那は

    寒くて、すぐに布団を押える為、 嫁が中に入れませんでした)



2 寝返りの癖や 傾向があるなら、 それに合わせた 枕の位置にする。

  枕が近いと、それだけ布団からはみ出さなくて済む



3 ベッドが壁から近いと ベッド側は暑い思いをする。。

  部屋の空調にも注意です。。


4 どうしても、1枚の布団で 2人寝られない時は、それぞれが

  別々の掛け布団で 寝る。


・・・・・・・・・・・



5 上記のような事を考える事が面倒くさい人は

  
  最初から、 シングルベッドを2台 もしくは 布団を2組で 寝る!!




同じような点で お悩みの方 ご参考ください m(_ _)m 


 

人生の 1/3 は 睡眠です。 マットレスや 枕の調整も大事かもしれません!

 

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。